大手の学習塾に行くメリットは?

大手の学習塾に行くメリットは?

中学校を受験してみよう。それはいきなり突然やってきます。
日本全国を平均にすると私立中学や付属に入学する生徒は全体の約8パーセントです。

しかしこの数値は日本全国であって首都圏や地方大都市に暮らすとなると違ってきます。
都内では、なんと20パーセントを超えてしまいます。

その中学受験を一度決めたらその流れは止めるのが難しくなります。
なぜなら通う塾が4年生からの3年間をスケジュールとして授業を進めていくからです。

これというきっかけもないまま、なんとなく友達も行くからということで塾に通うことになりました。
塾に行き始めると学校の勉強と塾の勉強の2本立てとなります。

ちなみに我が家は日能研に通っていました。
日能研は平日に授業、土曜日にテストとなり次の月曜日に自分の座る席が変わります。

大人から見れば「ふえー」と声を出してしまうようなシステムですが、その頃の子供はあまり考えません。
なので、日能研の問題を解くことができれば希望の学校に入れます。

そして、日能研に通うメリットは、なんといっても全国に展開している点です。
我が家は実家が飛行機の距離です。

なので長い休みになるとそちらにいくのが通例でした。
ですが、塾に行き始めたら実家にはいくことができない。
そんな風に思っていました。

そのことを受付で相談すると夏期講習などの申し込みは、希望の地区を告げることでその地方で受けることができます。
なので塾をお休みすることもなく、そして休みが終わって帰ったら自宅からいつものところに行くことができるのです。

こうやってなんとか続けられた感じがします。