子供が喜んで通う学習塾の活用法

子供が喜んで通う学習塾の活用法

うちの子は、小学6年生の4月から学習塾に通い始めました。
難関の中高一貫校の受験のためです。
前年度からできた中学校のため、90人しか合格できず、前年度の実績をみて、学習塾を決めました。

そこの受験対策をしている学習塾は数があまりないので、本人を連れて、まず、見学をしにいき、実際に子供に授業風景や先生と話しをさせて、自分で決めさせました。
そのおかげもあって、塾で学ぶことがとても楽しかったようで、塾にいくことを楽しみにしていました。

土日など、学校がない時は、塾の学習室で自習にいくなど、自らすすんで、塾に行くようになりました。
その分、学校での授業がつまらなかったようで、授業がとても簡単に感じてしまったようです。

塾では、長文に慣れるために、本を読みなさいと教育され、今まで、本なんて読んだことがなかったのに、実際に本を読み始めると、本の楽しさを知ったようです。
自分から本屋にいき、お小遣いで本を購入して読むようになりました。

数学に関しても、とても教えるのが上手な楽しい先生で、数学が大好きになりました。
どの先生も、学校の先生とは違って、お兄さん、お姉さんのように、楽しく教えてくださいました。

ここの塾を選んで、本当に良かったです。
子供の勉強の楽しさをひきだすのは、先生もあると思います。